シミ取りの現状


ケミカルピーリングとは、特殊な薬剤を使うシミ取り法で、薬剤により肌の角質を剥がしながら新陳代謝を促すというやり方です。 。そしてシミ取りの治療をするだけでなくシミの予防に、スキンケア、紫外線対策も忘れないようにしましょう。シミ取りの治療にもシミの種類によって治療の方法は違ってきます。

専門の皮膚科であれば、詳しい相談もできるので、できればそういうところで施術をしてもらうと良いでしょう。皮膚に直接塗ることによって肌の奥底にたまった角質を溶かすことができます。 またシミ取りの治療法で、欧米で主に利用されるようになっているのがトレチノイン療法で、このトレチノインとはビタミンAの一種なのです。シミ取りにはレーザー治療のような高価な治療の他にもケミカルピーリングというものがあります。

 ケミカルピーリングの良いところは、大変短い時間で施術が終わり、シミ取りの治療としては比較的気軽に行うことができるというところです。 このシミ取り治療で忘れてはならないのは、施術後に肌が赤くなったり、ヒリヒリすることがあるため、医師の指示をきちんと受けて、スキンケアをすることが大切になります。トレチノイン治療は塗り薬を塗布するだけの簡単な治療法です。また、シミ取りの治療のために使われる薬剤はいく種類もありますが、グリコール酸やAHA、フルーツ酸といった薬剤が使われ、これらを皮膚に塗ることで、肌のターンオーバーを促進させるのです。

このように病院でのアドバイスはしっかり受けて知らないことのないようにしましょう。ケミカルピーリングを受けた後に、人により一時的に皮膚が敏感になったり、肌の水分が不足しているような感じになったりすることがあります。費用も安く数週間でシミ取りが可能ということで、日本でも次第に普及してくるかもしれませんね。トレチノインが皮膚の新陳代謝やターンオーバーを活性化させ、メラニン色素を排出させるというわけです。

シミ取りで若返り TOP




そばかすの場合


そばかすの場合は一点ではないけれど、数が多く範囲が広いということになってしまいますが。シミとそばかす、実際そばかすはシミなのでしょうか。思い悩んでストレスを増やして肌の状態を悪化させるよりもシミと捉えず前向きに考えたほうがよいのではないかと思います。それでもどうしても消したい場合は、シミ治療法ですとレーザーがよいようです。

シミとそばかすですが、シミとそばかすと分けて言われることも少なくはないような気はします。雀卵斑(じゃくらんはん)というシミの一種として分類されます。ほとんどのシミが刺激によるものや、紫外線によるものであるのに対し、そばかすの原因は遺伝によるものだと言われています。けれど今の化粧術なら比較的うまく隠すことも可能ではないかと思います。

シミは一つの点が広い場合が多いですが、そばかすは点は小さいのではないかと思います。シミとそばかす、見た目にも違うような気はします。そばかすもシミと考えるなら、やはり消してしまいたいものでしょう。他のシミとは違い、レーザー以外は利かないようです。

シミと違って隠しにくいところもあるかもしれません。見た目にも気にしている方はシミと思ってしまうでしょうし、多少呼び名が違う程度の認識であるのかもしれません。分類上では、シミとしてそばかすも扱われます。

シミ取りで若返り TOP


シミ取りクリームの成分


フルーツ酸というとなじみが湧いてくるかもしれませんね。この成分は、メラニンの生成を抑制するものです。またクリームに同時に配合される成分にAHAというものがあります。実際シミに限らず、美白などの化粧品はメラニン生成を抑制する成分を含むものを示していると思います。シミ取りクリームの中には強力だとうたっているものもあります。

ケミカルピーリングは聞いたことがあるでしょうか。漂白剤だと少々怖いイメージがありますね。ハイドロキノンの表現を変えてみましょう。パッチテストをするようにと示されているものもありますし、そこは確実に守るべきでしょう。実際シミ取りクリームはどうなのだろうと思います。

酸で溶かすことによって、新しい皮膚の再生を促すというもののです。ただし、上記してきたように注意も必要なようです。効く方には効くクリームであるでしょう。これだとずいぶん柔らかくなるのではないでしょうか。皮膚漂白剤と書くと分かりやすいでしょうか。

シミ取りクリームの成分を見てみると、ハイドロキノンというものがあります。シミ取りクリームですが、効くのでしょうか。リスクとまで捉える必要はないでしょうけれど、使用方法は守らないといけないのではないかと思いま。シミ取りクリームにはほとんどこの成分が入っています。

シミ取りで若返り TOP

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。